FC2ブログ

Welcome to my blog

おかわり!台湾

 24回目の台湾旅行記 まずは嘉義のド定番 源興御香屋&郭家雞肉飯

ホテルで休憩したら、文化路夜市へ夜ご飯を食べに出かけます。
移動は徒歩。だいたい10分ちょっとてくてくと。



IMG_1427.jpg

中央噴水にある呉明捷投手の像。
この時は水が出てなかった。
映画公開は2014年なので、この時すでに3年経っていましたが、嘉義ではまだまだKANOブーム継続中。




まずは飲み物を調達。

IMG_1428.jpg

源興御香屋

嘉義の有名なお茶スタンド。
すごい行列。
嘉義にも数多あるドリンクスタンドで何故ココはこんなに人気があるのかしらん?




IMG_1422_2018040922411480c.jpg

本日のおすすめ茶を試飲させてくれますよ。





IMG_1423x.jpg

味は当然でしょうが、カロリーや産地を細かく情報公開してる信頼感かしら。





IMG_1442.jpg

郭家雞肉飯

今日の晩御飯はこちらです。
ワタシとしては珍しくノンアルコールの夜ご飯です。
ワタシが調べた限り、嘉義って酒を飲みながらダラダラ過ごせるごはん屋さんが少ない印象。。




IMG_1431x.jpg

夕飯時のため非常に混んでましたが、ちょうど空いた外の席を確保して注文。





IMG_1432.jpg

先ほど源興御香屋で買ったドリンク。
左はパッションフルーツとお茶のミックス。
右は試飲したその日のおすすめ茶で柑橘(確かレモン)と緑茶のミックス。
ここで飲んだレモングリーンティーを連れがいたく気に入り、この旅やたらと緑茶レモンを飲みました。

そして我々が飲んでいる源興御香屋のロゴの入ったカップを見た台湾人(中国人?)の方に「それどこに売ってるの?」的なことを中国語で聞かれたので、本当に人気あるんだね。
ただ、ワタシはあそこまで並んで買うほどかなーというのが正直な感想。




IMG_1434.jpg

郭家雞肉飯で頼んだもの勢ぞろい。
嘉義と言えば雞肉飯。
前回は2店舗でしか食べられなかったので、今回は色々食べ比べしていきますぜ。











IMG_1436.jpg

雞肉飯 30元

店名にもなっている雞肉飯。
火雞肉飯ではなく雞肉飯となっているので七面鳥ではなく、チキンだと思われます。

見た目も地味だが、味つけ以前にこちらの雞肉飯の肉がちょっと獣感がスル・・。
肉が古いのか、たまたまか。





IMG_1437.jpg

魯肉飯 30元
 
ワタシの知る魯肉飯とは味も見た目も異なる郭家の魯肉飯は、こってり甘辛ではなく、言うなれば牛丼のようなシャバっとした甘辛味のお肉の乗ったごはんといったところ。
魯肉飯としてはワタシ史上もっともあっさり系。
お年頃なのかこってり脂っこい魯肉飯が苦手な連れは「こういう魯肉飯は大歓迎」と申しておりました。
雞肉飯が看板のお店なのに魯肉飯の方が美味しかったわ。




IMG_1435.jpg

糯米大腸 小50元

その名のとおり大腸にもち米を詰めて甘めのタレがかかっているもの。
特段クセはなく、お餅みたい。




IMG_1439.jpg

粿仔湯 50元

こちらもここの名物。
粿仔とはなんぞやと思って粿仔湯のレシピを見ると、白いのはどうやら大根餅こと蘿蔔糕。
あとはモツとニラなどの入った薄いトンコツスープみたいな味でした。



源興御香屋
住所:嘉義市中山路321號
電話:05-225-3828





郭家雞肉飯
住所:嘉義市東區文化路148號
電話:05-225-6214

ranking08-003.gif



お次はデザート


関連記事
スポンサーサイト

 嘉義 魯肉飯 鶏肉飯 夜市

0 Comments

Add your comment