Welcome to my blog

おかわり!台湾

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 タイ旅行記 バンコク 何食べても旨い!Krua Apsornクルアアプソーン

アナンタサマーコム殿にある博物館で、タイのお宝を見て目の保養をしたらお腹が空いたぞよ。

イギリスBBCの番組、ひげ面ライダー食のアジアを行く!タイ・バンコク編で紹介されていて、ずっと行きたいと思っていたお店へ行きますぜ。
(この番組大好きで録画したのを何度も見返している)公共放送だからか店名などの詳細は出てこないんだけども、メニュー表が写った時に小さく店名が書いてあったのを目を凝らして見つけたというw

アナンタサマーコム殿から地図上だと、すぐ近くなんだけれども、暑いので徒歩は無理。
スマホでルート検索していたワタシに宮殿近くにいた警官が「どこに行きたいの?」と声をかけてきて、トュクトュクを止めてくれました。
警官経由ならボったくられることは無いんじゃなかろうかと思ったけど、トュクトュクの運転手はチラっと警官を見て「100バーツ」と。
警官が「100バーツって言ってるけどどうする?」

完全にボられてるし、直前に停めたメータータクシーでも100バーツと言われて断ったんだけど、ここら辺は観光地なので、彼らのぼったくり相場なんだろうな。
むしろ最初に値段が確定している方が、変に遠回りしたりされるよりいいわ。
朝のタクシーに相当怒りを感じている
運転手さんは近くにあるタイ国立図書館で降ろしてくれました。





IMG_0637_20170910134541b31.jpg

Krua Apsorn

プミポン前国王の王妃の専属料理人でもあったダエンさんという女性が切り盛りするお店です。
番組ではグリーンカレーの作り方を習ってました。
この日もダエンおばちゃんはいて、仕込みしてるのかと思いきや、従業員の賄い作ってました。





IMG_0620.jpg

メニューは写真付きでわかりやすい。
詳細はこちらのページを参照下さいませ。





IMG_0628.jpg

イギリスのテレビ番組で取り上げられるくらいだからもっと欧米人観光客だらけなのかと思ったら、満席の店内はほぼほぼ地元の方。
しかも近所で働いているOLさんとか、有閑マダムチックな品のある女性客が多数で、照明の灯りや温かみのあるインテリアも素敵なお店。





IMG_0615.jpg

氷を頼んだら、3分の1くらいに水を張ってそのまま凍らせたジョッキが来たよ。
このスタイルはお初だわ。





IMG_0617.jpg






IMG_0619.jpg

カイフープー 100バーツ

蟹肉のオムレツです。
ふわふわトロトロ食感のオムレツではなくて、固め食感で塩気も濃いめで中にゴロゴロと蟹肉が入ってました。






IMG_0627.jpg

ソムタムタイ 70バーツ

見たら頼まずにはいられないソムタム大好きmojaoさん。
辛さは控えめ。





IMG_0622.jpg

パットドックカジョンムーサップ 100バーツ

これ美味しかったなー。
夜来香という花のつぼみとひき肉をオイスターソースで炒めた料理。
ごはんに合うしっかりめの味つけ。
夜来香のつぼみは東南アジアでは食材としてメジャーなんだってさ。
ちょっとシャクシャクした食感で味にクセはありません。





IMG_0632.jpg

トムヤムクン 170バーツ
プーパッポンカリー 450バーツ






IMG_0631.jpg

このプーパッポンだけちょっとお高めですが、剥き身の蟹肉がどっさり!!贅沢!
超~~うまい!!
フレッシュなエシャロットの辛味がまた良い!

ごはん、ごはんプリーズ!!!






IMG_0634.jpg

あら、ハート形♡
ここ、お米もちゃんと美味しかったなー。





IMG_0633_2017091013453251e.jpg

トムヤムクンは酸味、辛味、甘味のバランスが良くて、大きな海老が4尾も入っており、頭のミソもたっぷり残っているので濃厚なお味。


このお店、何を食べても美味しかった。
盛り付けも丁寧で綺麗なところも良かった。
エアコンも効いているし、雰囲気も素敵なのにお値段はお手頃なので、バンコクに行ったら絶対また行きたい。
ビール2本飲んでお会計は1141バーツ(約3700円)でした。

あ~、またあのプーパッポンカリー食べたいな~・・。


Krua Apsorn
電話:02-241-8528
営業時間:10:30~20:00

http://www.kruaapsorn.com/

HPを見るとバンコク市内に他に5店舗あるようです。




この後はお店のすぐ近くのバス停からBTSのラチャティーウィー駅までバスで行き、BTSに乗ってホテルへ戻り、夜ごはんまでホテルでしばし休憩。


にほんブログ村 旅行ブログへ


最後まで読んでいただきありがとうございます。






このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
スポンサーサイト

 バンコク

- 0 Comments

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。