Welcome to my blog

おかわり!台湾

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 2回目の香港旅行記 蟹を食べるなら橋底でしょう!@橋底辣蟹




2017年1月の香港旅行、2日目の夜ごはん。

前回の香港旅行の際にも訪れて、味だけじゃなく見た目にも驚愕したお店をリピートです。


IMG_9600x.jpg

橋底辣蟹

当初、本店に行ったら満席だったので、支店へ。
3店舗がすぐ近くに連なってあります。
第一支店は殺風景ですが、本店と第二分店は高級感ありますので、どっちか空いてる方に行けば良いかと。







初めて食べて以来何かにつけて「ハシゾコ行きたい、ハシゾコ行きたい」と言われてて、今回の香港旅行も「俺はハシゾコにさえ行ければいい!」とまで言ってました。

初ハシゾコの日記はコチラ









IMG_9603.jpg

この日もビールは、この旅でハマったブルーガール
程よい苦味と後味スッキリな味わいが美味しい。







IMG_9606.jpg

お通しの豆。
塩気が効いてるので、おつまみにぴったり。







IMG_9607.jpg

蒜茸炒菜心 48HKD(約¥720)

いくつかある野菜炒めの中で、店員さんに別のメニューを勧められたんだけど、蟹に値が張りますんで、メニューで一番安いのを選んだというセコいmojaoさん。

芥蘭菜とニンニクを一緒に炒めたごくごくありふれた味だけど間違いない。








IMG_9611.jpg

招牌橋底辣蟹 480HKD

やってまいりました!蟹さんです。
フライドニンニクやら唐辛子で全然見えませんが渡り蟹が埋もれております。

前回は時価で蟹の大きさで値段が変わりましたので、店員さんがこのサイズでいいか?と確認に来てくれて350HKDでしたが、今は小サイズHKD480/中サイズHKD680/大サイズHKD880/特大サイズHKD1280という4サイズ展開に変わった模様。
二~三人なら小サイズで充分かと。

ただ、メニューには時価との記載がありましたので、言葉がわかれば細かくサイズ選べるのかもしれません。
前回の日記を見返すと円高もあって約4000円で食べてるんだよね~。
今回は130HKDアップしてるとは言え、約7200円。
それでも日本で食べるよりはお安いよなー。

辛さが、無辣、微辣、小辣、中辣、大辣、勁辣の6段階で辛さが選べるので、今回も前回と同じ微辣でお願いしました。
個人的な備忘録として使えるので、ブログ書いてて良かったなぁっと思った。








IMG_9615.jpg

蟹さんコンニチワ。

蟹用ハサミを使って殻を割って身を出して、フライドニンニクと一緒に食べる。
んまーーーー!!

手がギトギトになるので、写真が撮れないんですが、たっぷりと詰まった身は、不思議と殻からスルっと剥がれてストレスフリー。
ぷりっと、且つふんわりした蟹肉、そこにパンチのあるニンニクが合わさると


やっぱうめぇぇぇぇぇ!!!






そうそう、この手のお店に来るときは是非ジップロックを忘れずに。
余ったニンニクをもらって帰りましょうね。

冷凍しておいてチャーハンに入れたりサラダのトッピングにしたりお粥に入れたり使えますよ。








IMG_9613.jpg

辛いモノ好き!という方でなければ、微辣でちょうど良いと思います。
ほんのりスパイシーで蟹の甘みも感じられるので。

同じ料理法でシャコもあります。
色々食べたい人にはこっちの方がいいかもね。
うちは連れがシャコがダメなのでNGですが・・・。



橋底辣蟹 第二分店
住所:香港灣仔駱克道421-425號
電話: 2893-1289 / 2834-6818

http://www.underspicycrab.com/
ranking08-001.gif



この後はデザートを食べに行きます!





にほんブログ村 旅行ブログへ


最後まで読んでいただきありがとうございます。






このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
スポンサーサイト

 海鮮料理 香港

- 0 Comments

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。