Welcome to my blog

おかわり!台湾

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 釜山土産 釜田市場では明太子を買うべし!

釜山に行くにあたって、是非とも買って帰りたかったのが明太子。

明太子は韓国だといわゆるタラコの意味ですが、ワタシが買ったのは辛子明太子ね。




朝食にカルグクス(うどん)を食べた後に、明太子が安く買えるという釜田市場へ。


IMG_9108.jpg

ここは、魚介を中心に、野菜やお肉などが売っている大きな市場です。
いかにも新鮮そうな魚がいけすに泳いでいたりして市場大好きmojaoさんは、ブラブラ歩いているだけでも楽しい。







IMG_9111.jpg

巨大スッポンがいたり







IMG_9110.jpg

なんの魚か不明なグロテスクな人もいたり。


活きが良すぎて水槽からmojaoさんの目の前に飛び出して来た魚がいたりして、びっくりしながら、明太子を探します。







ちょいちょい置いてあるお店も見かけたんだけれども値段が書いてないお店も多々あって交渉する自信がなかったワタシは値段が明記してあって、清潔なコチラのお店で買いました。


IMG_9112.jpg

カンジャンケジャン(ワタリガニの醤油漬け)やチャンジャ(タラの内蔵のキムチタレ漬け)、タコのキムチなどたくさんあって、お酒もごはんもススムくんヘヴン。
片っ端から買いたかったくらい・・。
が、ここはぐっと我慢してここは初志貫徹の明太子をば。







IMG_9113.jpg

タラコや辛子明太子はワンパックで10000ウォン(約¥1000)
切れ子だと量が増えます。

お店のオバチャンに試食させてもらったら、(唐辛子の)辛さ控えめで美味しかったので即決。
試食の明太子は、胡麻油とネギが絡めてあって、めちゃうまかったー。
これはいいお酒のアテになりそうだ。
マネしよう。メモメモ。

お店のオバチャンに「日本に持って帰りたい」旨の韓国語をGoogle翻訳で見せたら

がってん承知の助!(死語)ってな具合でビニールに入れてから、さらにラップでグルグル巻きして、匂いも液も漏れないようにガッチリ包装してくれました。

ワタシはほぼ原形をとどめた切れ子を購入したんですが、帰国して、重さを量ったら500g以上ありました。
どこが切れてるの?状態のものも混ざっていたし、辛さ控えめなので料理にも色々使えそうだし、日本で買うよりお得ですよ。




帰国後、小分けにして冷凍保存。










IMG_9832.jpg

とある日のお昼ごはんに作った明太子パスタ。
明太子より薬味が目立ってますけどねw


唐辛子の辛味がかなりマイルドで化学っぽい味がなく、明太子とたらこの中間くらいの感じでおいしい明太子でした。


釜田市場でぜし明太子を!



釜田市場




にほんブログ村 旅行ブログへ


最後まで読んでいただきありがとうございます。








このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
スポンサーサイト

 釜山

- 0 Comments

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。