Welcome to my blog

おかわり!台湾

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 釜山旅行記 西面 柔らかジューシー豚ハラミ焼肉@ナノカルメギ

釜山に着いて、一食目の夜ごはんはやっぱり焼肉!

2929(ニクニク)~♪



今回釜山で是非とも食べたかったのがカルメギサル(豚の横隔膜)の焼肉。
サムギョプサル(バラ肉)は日本でも食べられるけど、豚のハラミは食べたことないぞ?
気になる・・!


宿泊しているArbanHotelからも歩いてすぐのお店。


IMG_8968.jpg

ナノカルメギ

これは退店時に撮ったので人がいませんが、ワタシが店に着いたときには、2~3組先客が待ってました。
名前を書くとか番号札を貰うとかのシステムはなく、大人しく店前で待っていればいいみたいです。
ここら辺のシステムがハングルや韓国語がわからないと困るね・・。


で、20~30分くらい待ったら入店できました。
2Fにも座席があるので、わりと回転はいいのかな。







IMG_8964.jpg

メニューはハングルのみ。

ですが、ワタシが行った日は↑のメニューの下段に貼ってある写真の16500ウォン(約¥1650)のカルメギサルと8800ウォン(約¥880 多分一人の値段)のセットメニューのみと言われました。
なんだ?なんかのフェスか??
8800ウォンのセットはサムギョプサル(モクサルかも?)とカルメギサルと豚皮の3種類とおかずでした。
そっちでもいいかなっと思ったのですが、我々の目当てはカルメギサル一択なので、16500ウォンのカルメギサルで!!







IMG_8963.jpg

卓上にあるダクトで煙を吸い込むので、店内煙たくありません。







IMG_8956.jpg

何はともあれのビール。

韓国のビールは薄いと聞いていたけど、なかなか美味しいと思ったよ。
喉が渇いていただけ??

CASSとhiteが有名ですが、飲み比べてみて、ドライで味が濃く感じたのでワタシはCASS派。






IMG_8954.jpg

すぐに肉がやってきた!
タレがからまったお肉うまそ~~~。







IMG_8955.jpg

パンチャン(おかず)は豆もやしと白菜のキムチに、大根の甘酢漬けの薄切り、葉野菜、ニンニク、ナムル。
セルフでおかわり自由。







IMG_8958.jpg

さっそく肉を焼き焼き
炭火なので、火力の調整が難しい・・。
ちょっと火力が弱くて、焼きあがるまでに時間がかかってしまいお預け状態でちょいとイラ。







IMG_8961.jpg

甘めのポン酢的なタレに薄切り玉ねぎを入れて食べます。

お肉は柔らかいけど、お肉食べてるぅ~っていう歯ごたえと旨みもしっかりあって、うまぁぁぁーー。
玉ねぎも辛味がまったくなくて(むしろ無さすぎるくらい)、サッパリとお肉が食べられます。







あとは、ひたすら焼いて、食って、飲んで。

お肉は先ほどのタレにつけてもいいし、葉野菜に包んでコチュジャンつけて食べても美味しい。





しかし、座った席が入口の真横だったので、客や店員が出入りするたびに冷気が直撃して寒い寒い・・。

まだまだ、お腹に余裕はあったけど、寒さに耐えられなかったのですごすご退散。



お肉は美味しかったので、今度は別のメニューも色々食べに来たい。
あ、暖かい時期か2階席でw



ナノカルメギ西面店
住所:釜山広域市 釜山鎮区 釜田洞 156-30
電話:051-808-0029

http://www.nanomeat.kr/index.htm
ranking08-003.gif


韓国国内に支店があって釜山市内でも8店舗あるみたいです。
ワタシが行った西面1号店のHPはコチラ(ハングル)




にほんブログ村 旅行ブログへ


最後まで読んでいただきありがとうございます。



このエントリーをはてなブックマークに追加





関連記事
スポンサーサイト

 釜山 焼肉

- 0 Comments

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。