Welcome to my blog

おかわり!台湾

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 タイ旅行記 バンコクの中華街ヤワラートで夜ごはん@Lek and Rut Seafood

今回のバンコク旅行で是非とも行ってみたかったのがバンコクの中華街、ヤワラート地区。


IMG_7065.jpg

ド派手な看板と極彩色のネオン。
大型バスで乗り付ける団体観光客などもいて、すんごく賑わっていた。






IMG_7104.jpg

今宵の夕飯はLek and Rut Seafoodです。








IMG_7111.jpg

モロに歩道からはみ出して、車が通るすれすれまで席がせり出しているお店。
欧米人のカップルが来店して、最初に女性が車道側、男性が奥側の席に何気なく座ったら、お店のオバチャンに「アナタが車道側に座らないとダメじゃないの!」的な感じで男性が怒られてましたww

厨房もモチロンオープンエア。
雨の日はどうやって営業するんだろうか・・?






隣りにある似たスタイルのT&K Seafoodというお店と人気を二分するシーフードレストラン。
ワタシはLek and Rut Seafood目当てで行きましたが、T&K Seafoodの方がすごく混んでいて、並んで待っている人もいました。

IMG_7108.jpg

こっちは、T&K Seafood

T&K Seafoodの店員さんは黄緑のポロシャツ
Lek and Rut Seafoodの店員さんは赤いポロシャツを着ています。







IMG_7088.jpg

メニューは写真付きで英語の記載もあります。
中国語の漢字表記も日本人的にはわかりやすい。








IMG_7102.jpg

ビアシン100バーツはちょっとお高め?







IMG_7077.jpg

Shrimp BBQ 小サイズ 150バーツ(約¥450)

海老の炭火焼。このお店の必食メニューのようです。

特大の海老が3尾。
塩味がついているのでそのままで美味。
炭火で殻のまま焼かれているので蒸し焼き状態のため、ぷりっぷりだけど柔らかい。
焦げたところも香ばしい。






IMG_7082.jpg

Shrimp spicy salad 小サイズ 200バーツ(約¥600)

海老や玉ねぎ、レモングラスなどが入った、辛いサラダ。
唐辛子がゴロゴロ入っていて、けっこうな辛さ。
一気に顔が火照る!






IMG_7083.jpg

Stir fied chinese kale and mushrooms 小サイズ 100バーツ(約¥300)

野菜も食べないとってことで、カイラン菜とキノコの炒め物。







IMG_7093.jpg

Stir fried chickens with chili paste 小サイズ 100バーツ(約¥300)

鶏肉と野菜をチリペーストで炒めたもの。
辛くて酸っぱいタイっぽい味。

タイ風の中華料理っていうのか、中華風タイ料理っていうのか、ちょっと不思議な感じの料理。

店員さんは英語やタイ語以外に中国語も話すので、お会計の時に「マイタン?」とか聞かれる。
そこも、タイだけど中国な不思議な感覚。


大人気のお店なので、待ってるお客さんもたくさんいるので、「あと30分でオシマイね」と言われたので、退店。
お会計はビール3本と氷も頼んだので、全部で870バーツ(約¥2610)でした。
チャージや席料は無し。




Lek and Rut Seafood
住所:Phadung Dao Rd, Samphanthawong, Bangkok
営業時間:18:00~2:00



我々が食べてる後ろの席でタイ人カッポーが大喧嘩してましたw




にほんブログ村 旅行ブログへ


最後まで読んでいただきありがとうございます。





このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
スポンサーサイト

 バンコク

- 0 Comments

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。