Welcome to my blog

おかわり!台湾

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 22回目の台湾旅行記 台北 秦味館で絶品ベルト麺のランチ

2016年8月台湾旅行、2日目。
この日は朝からけっこうな雨が降っていたので、朝ごはんはホテルで食べることにしました。(宿泊プランに付いていた。)



R0012432.jpg

ホテルの1Fがカフェになっているので、普通にお茶しに来ているお客さんと混ざりつつ朝ごはん。

朝食はバイキング形式か3種類から選べるプレートメニューのどちらかを選択できます。







R0012433.jpg

我々はプレートメニューからサンドイッチとハンバーガーにしました。








R0012434.jpg

台湾独特の甘いバンズとマヨネーズのホットサンド。
ハムもなんか甘いよね、台湾って・・w
でも慣れると不思議とクセになるんだよねー。
卵サンドは美味しかったんだけど、ハンバーガーは甘めでした。

これにコーヒーも付きます。
コーヒーは酸味がけっこう強いタイプだった。
ワタシはコーヒーの酸味が苦手なのでお好みではなかったっす。



雨も止まないので、朝食後はホテルでマッタリと。
(まだ旅も序盤で全然疲れてませんけど)







で、そのままお昼の時間です。

以前、ツイッターで下記のつぶやきを読みまして。






ベルト麺!?
なにそれ、めっちゃ気になる!!!!


しかも料理家の人が毎回食べる麺料理だなんて、相当おいしいにちまいない!

旅々台北の記事によると、中国の陜西地方の料理のお店みたいです。

陜西料理なんて初体験だぜ。

陜西は中国大陸の内陸の方なので、羊肉系のスパイスキツい系かしら?と思ったら、上記の記事によると「陜西の料理はタイ料理と同じように、辛味や酸味を多彩に組み合わせた味付けと食感に特徴があり、季節を問わず食欲不振のときなどに特におすすめの料理です。」とのことなので、意外とイケるかも。wktk






IMG_7805.jpg

秦味館







IMG_7809.jpg

店内のインテリアも可愛い。

開店早々に行ったので、一番ノリでしたが、その後、続々とお客さんがやってきて、あっという間に満席。
若い女の子も、サラリーマンのオジさんもいたので、老若男女OKな味ってことだね!

入店したら、日本人か聞かれて、日本語のメニューくれました。
メニューに写真はないけど、、(若干おかしな)日本語で説明が書いてあるので、馴染みのないメニューでも大体の内容はわかります。






IMG_7811.jpg

テーブルには最初からお通しみたいなのがセットしておいてありました。
ワンタンの皮を揚げたモノと、ちょっと八角風味の野菜のマリネ的なモノ。
食べても食べなくても料金はかからない模様。






IMG_7815.jpg

必食のベルト麺以外にどんな料理が人気なのかなーっと台湾人のブログなどを徘徊していたら、これを頼んでいる人が多かったので、注文。

千切りにしたじゃが芋を唐辛子とニンニクで炒め、お酢と塩で味つけしたもの。

じゃがいもがシャッキシャキで、お酢でサッパリしていて、めっちゃ、うまかった。
けっこうニンニクが効いてます。

温かいサラダみたいとも言えるのかなー。

唐辛子がゴリゴリ入っているけど、辛味はわずか。
辛いものが苦手な人でも全然OKだと思う。






IMG_7817.jpg

油潑麵 90元

真打登場!

油潑麵ことベルト麺。
ベルトのように太いからベルト麺。
メニューの日本語には「陜西省のファミリー的な麺」との記載が。
ファミリー的w 家庭の味ってことかしら?

以前、日本のベルト麺こと(?)ひもかわうどんを食べたことがあって、それがすっごく美味しかったので、それに似た感じかな~っと勝手に想像していたんだけど、ひもかわうどんは、ツルツルの食感に対して、油潑麵はもっと弾力があって、もっちもちした食感。
コシが強くて美味しい麺。


上の炒め物にしても、油潑麵にしても、わりと塩味がしっかりついている印象。
塩気が濃い目なのが陜西料理の特徴でもあるみたいです。






IMG_7820.jpg

花椒の爽快感のある香りと辣油の辛味と、あと素人じゃ判別不能な香辛料がブレンドされてるであろうスパイスィ~~な塩ダレみたいなのがかかっていて、よ~く混ぜて食べると、




昇天しますわよ。







IMG_7821.jpg



いわゆる水餃子。
ごま油がかかってるので、ごま油の香りが強くします。
ごま油好きにはたまりませんが、ベルト麺の美味しさに比べると、至って普通の水餃子かな。






IMG_7824.jpg

蒙古炸奶豆腐 30元/個

これも絶対食べたかったデザート。
豆腐とありますが、ワンタンの皮みたいな生地の中にチーズが入っていて、それを油で揚げて、粉砂糖をたっぷりまぶしたもの。






IMG_7827.jpg

皮がカリカリー!っとクリスピーに揚がっていて、中のチーズがトロっと。
うまくないわきゃ、ねーわ!

チーズもクセがないので、万人にOKな味だと思います。



もっと、クセのある味なのかと思っていた陜西料理。
台湾人好みにアレンジされてるのか、本場の味なのかは、ココでしか食べたことないのでわかりませんが、日本人の味覚にも合うと思いますよー。




秦味館
住所:台北市延吉街138巷2號
電話:02-8771-3288
営業時間:11:30~14:30、17:30~22:30

http://sausau.com.tw/
ranking08-001.gif








食後はすぐ近くにあるオーガニック食材店の太平洋鮮活で大好きな春一枝のアイスキャンディー。

IMG_7828.jpg

mojaoさんのイチオシは種も入ってるパッションフルーツ。

原材料は、果汁、水、砂糖のみ。
ジュースをそのまんま凍らせたような、無駄に甘すぎない自然の味のアイスが大好きなんですわ。

ちょっとお高めかもしれないけど(30元~50元、果物による)、安心安全美味しいアイスだよ。


SOFR3SH太平洋鮮活
住所:台北市忠孝東路四段216巷27弄16號
電話:02-8772-2901
営業時間:9:30~21:30

sofr3sh248.weebly.com/






さらに、ちょっと歩いたところにある東區粉圓で豆花を。


IMG_7831.jpg

連れがなぜかここの豆花を気に入っていて何度かリピートしております。
場所も便利だし、通りがかると食べちゃうね。







IMG_7829.jpg

お好みのトッピングを選んで60元

ちょっと他所よりお高めだけど、場所柄とボリュームがあるので、それも仕方なし。
もちろん、お味もよろしい。




東區粉圓
住所:台北市忠孝東路四段216巷38號
電話:02-2777-2056
営業時間:11:00~23:00 毎週月曜定休

http://www.efy.com.tw/
ranking08-003.gif





この後は誠品書店へ本を物色しに行きました。







にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ


最後まで読んでいただきありがとうございます。


関連記事
スポンサーサイト

 台北 麺料理 豆花 麺類 餃子&ワンタン

- 0 Comments

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。