Welcome to my blog

おかわり!台湾

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 21回目の台湾旅行記 高雄 優しいお味の老庄豆漿

2016年3月の台湾旅行記、高雄滞在2日目の朝ごはんです。


最近のワタシの台湾に来る目的が「豆花と豆漿を食べる事」になってるくらい朝ごはんの豆漿が好きどす。

大豆イソフラボン摂取しまくって、いつか巨乳になるんじゃないかと期待しているのだが、一向にその気配は無し。涙



高雄にも豆漿屋さんの名店がたくさんありますが、行ったことないお店に家庭教師のトュラァ~イ。

宿泊している康橋大飯店からはホテルのレンタル自転車をキコキコぶっ飛ばして。




お店の前で焼餅焼いてたり








IMG_5954x.jpg

油條作ってる。


このお兄さん、仕事キッチリ系。
子供もワタシもその丁寧な仕事っぷりに見入っちゃうよねー。







IMG_5949x.jpg

揚げる前はこんな細いのに、油に入れるとあっという間に膨らみます。
見てて、楽しい。







お店の名前は



老庄豆漿店


行列が出来てます。
台湾の行列に外れなし。ワクワク。


内用(店内で食べる)も外帯(持ち帰り)も同じ列なので、焼き場担当のお姉さんに粉モノを注文し、すぐ隣りのカウンターで豆漿の注文とお会計。

混んでいて注文票も無く、メニューの指差しも出来ないお店のオーダーは緊張するぜ。


お目当てのモノを食べるためなら台湾の人は非常に我慢強いな、と思う。

焼き場のつけまバサバサのオネイサンが暑さのためかしばらーく休憩しに中に入っちゃったんだけど、みんな大人しく待ってる。

誰も他の店員さんに頼んだりしないのね。










頼んだもの勢揃い。

テーブルと椅子は歩道にあって、相席アタリマエ~なので、空いてる席にガンガン座りましょう。









焼餅加蛋


ここの焼餅はパイとパンの合いの子みたいな感じで挟まってる玉子焼きも薄焼き玉子みたいなのでペッタンコ。
しかも玉子焼きの塩気ゼロなので、そのままだと、ちょっとアレなんでタレ欲しい。
しかしタレ見当たらず。。









鹹豆漿


頼む時に辣油を入れるか聞かれたので、少しとお願いしました。

ここのは、あっさり系。
豆乳の濃度があんまり濃くなく、サラサラとしていて、優しいぃ~お味です。

個人的にはもーちっと濃ゆくて塩気のあるタイプが好みっす。


細かい内訳がわからないのですが、冰豆漿も飲んで、全部で70元でした。






老庄豆漿
住所:高雄市苓雅區四維二路187號
電話:07-715-3881
営業時間:6:00~11:00 無休

ranking08-003.gif




にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ


最後まで読んでいただきありがとうございます。




関連記事
スポンサーサイト

 高雄 朝食 豆漿

- 0 Comments

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。