Welcome to my blog

おかわり!台湾

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 19回目の台湾旅行記 関子嶺 關子嶺統茂溫泉會館(関子嶺統茂温泉会館)でお肌つるつる

腹ごしらえしましたら、嘉義駅からバスで関子嶺温泉へ向かいます。
旅行前半でのバンコクの暑さにちょっとバテ気味だったので、後半は温泉でのんびりとしようという目論見でございます。

台湾へは何度も来ているけれど、台湾の温泉地に行くのは実は初めてのアタクシ。


数多ある台湾温泉のどこに行こうかな~っと思って参考にしたのはこちら



湯けむり台湾紀行―名湯・秘湯ガイド (Taiwan通 3)
(リンク先はamazonです)

これを読んでると台湾の温泉を制覇したくなってくるよ!





関子嶺温泉は台湾の四大温泉のひとつで、世界でも珍しい泥の温泉です。
(その他の温泉は北投温泉、陽明山温泉、四重溪温泉)

バスの料金は87元。

バス乗り場は台鉄嘉義駅の裏側にあります。




IMG_4009x.jpg

関子嶺温泉行きのバスの本数は1時間に1~2本。








IMG_4007.jpg

待合室はありますが、切符はバスに乗るときに運転手さんから買うシステム。

なので、混雑状況がわからないため早めにスタンバイ。


しかし、バスは比較的空いていました。
バスに乗ること約1時間。

予約してあるホテル、關子嶺統茂溫泉會館(関子嶺統茂温泉会館)へは終着のバス停で降りればいいことは把握していたのだけど、アホなワタシは運転手さんの「関子嶺温泉に着いたよ~」みたいなアナウンスで、終着の一つ手前で降りてしまった。

降りるときに運転手さんが「宿はどこだ?」みたいに言ってたんだけど、それはもっと先にバス停があるから、宿によってはそっちで降りろってことだったんですよね~。
mojaoさんはそれがわからず下車してしまいました。

ワタシが降りたのは関子嶺温泉の入口だった模様。



近くにいた売店のオバちゃんにも「アンタ、バカだね~」みたいな顔されたw


ふえ~ん、ワタシが泊まる宿まではあと1キロくらいあるよ!涙

どでかいトランクを持って、山道(坂道)を1キロ近く登るのはしんどい・・・
しかもけっこう湿度が高くて蒸し暑い。

っと思ったら運よくタクシーが。

売店のオバちゃんがタクシー停めてくれて

「この子ら、関子嶺統茂温泉会館行くから乗せてあげて」みたいに運転手さんに言ってくれたと思う(多分)




バスで87元で済むところをわざわざタクシーワンメーター(100元 涙)プラスしてやっと宿に到着。


関子嶺統茂温泉会館に行く方はご注意あれ。
降りるのは、公園のような敷地にある終着のバス停ですよ!

そのすぐ隣りに関子嶺統茂温泉会館はありますから。



いくつか宿のある関子嶺温泉ですが、関子嶺統茂温泉会館にしたのは源泉に近いので温泉の濃度が高そうだなって思ったのと、お部屋にお風呂がついてるところ。


日本人ですから、せっかくなら温泉はゆっくり裸族で入りたいですからね~。
台湾の温泉は水着着用が多いので。




フロントには日本語が通じるスタッフの方がたいていいらっしゃいました。
ありがたい。



IMG_4012.jpg

お部屋です。
予約したのは湯屋雙人房という露天風呂付のお部屋。

宿泊費は3380元。
恐らく冬季と夏季で値段は変わると思われます。
ワタシの宿泊費は夏季のお値段。冬はもっと高い。








IMG_4026.jpg

新しいホテルではないけれど、清潔だし部屋も広いし、何より天井が高いのでゆったりしている印象。

ちなみに部屋にWi-Fiは飛んでません。









IMG_4020.jpg









IMG_4024.jpg

露天風呂ですよー。
もちろん関子嶺の泥温泉。









IMG_4091.jpg

源泉からもってきた温泉水を加熱して入浴の適温にしているのか、部屋の温泉は24時間入浴できるわけではなく、朝の9時から夜の24時まで。
朝風呂入る時は要注意。









IMG_4025.jpg

お風呂のあるベランダからの眺め。

ヤッホー!








IMG_4017.jpg









IMG_4014.jpg

一応内風呂もありますが、露天風呂にも体を洗えるようにシャワーなどが備わっているので我々は利用せず。









IMG_4010.jpg

もちろんお水やお茶、コーヒーなどもあります。




部屋のお風呂は後で入るとして、先に水着着用の共同温泉に入りにいきました。


男女混浴です。
ちょうどこの時期、台湾でデング熱が流行していたので蚊に刺されないかヒヤヒヤしながらの入浴でした。


関子嶺温泉は弱アルカリ性炭酸水素ナトリウム温泉でPh約8.2。
泥温泉は気持ちいいというよりも、肌への効果が抜群にいい!
バンコクと台北で大汗かいて、なんかもう顔とかデコルテがザラザラしてたけど、泥のミネラルパワーで汚れた毛穴が一気にツルツルになったよ!
お高いスクラブでマッサージするより全然効果があった。
こりゃ凄い!

台湾の温泉パワー恐るべし。






関子嶺統茂温泉会館
住所:台南市白河區關嶺里關子嶺28號
電話:06-682-3456  

http://www.toongmao.com.tw/guanziling/index-zh




※良かったところ
日本語が通じる
バスの停留所が近い
ホテルの目の前にコンビニあり
ホテルの周りに飲食店やお土産屋さん多数



※悪かったところ
特にないのですが、しいてあげれば部屋にWi-Fiがない。




にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ


最後まで読んでいただきありがとうございます。






関連記事
スポンサーサイト

 ホテル 温泉

- 0 Comments

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。