Welcome to my blog

おかわり!台湾

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 18回目の台湾旅行記 台東 鹿野 滋味深い陶板鍋@春耕源香草餐廳

鹿野での夜ごはんの時間です。

宿泊しているホテルの鹿鳴温泉酒店にレストランもあるけど、それじゃつまらんので、Google mapでホテルの界隈を検索してるとひとつだけ春耕源香草餐廳というお店がありました。
ホテルからは2キロくらいなので、歩けなくはないけど、なんせ田舎なんで、夜道は真っ暗。
畦道に転がり落ちても困るのでタクシーで行くことに。

ホテルの前に待機してるタクシーはいないので、フロントで呼んでもらいました。
15分くらい待ったので、駅にでも待機してるんだろうか?





ホテルからお店までタクシー代150元でした。
名刺をくれたので、帰りもこのタクシーを呼んでもらって帰れます。


暗すぎて、外観取れなかったんですが、なんつーか小屋?みたいなお店。
ゲコゲコ、蛙の鳴き声が聞こえてます。
長閑だ~。

IMG_2707.jpg


入店すると、お店のオバアチャンが『シャブシャブ?』と日本語で訊ねてきました。

しゃぶしゃぶ=鍋を食べるかって意味ですた。

ここは香草陶板鍋というお鍋が食べられます。

メニューを見せてくれて、お肉が鶏肉と豚肉と選べたので、ひとつずつお願いしました。
お値段は一式320元。

残念ながらビールなどのお酒メニューはありません。
(ソフトドリンクは有り)


しかもノーエアコンw

あ、暑い・・。
真夏にノーエアコンで食べる鍋。。
ちょっと不安。。


でもオバアチャンが扇風機をまわしてくれたから意外と大丈夫だった。


ほどなくして、鍋一式がやってきまして。

ここは一人一つの鍋スタイル。


さきほどのオバアチャンが目の前で連れの鍋を調理してくれるので、見よう見まねでワタシも。
最初に小さいバターのかけらを炒めてから玉ねぎとお肉を小さな土鍋に投入。


IMG_2711.jpg

したところの図。
こっちは鶏肉。






IMG_2712.jpg

こっちは豚肉。


ほどなくして半生で肉は取り出してからスープを投入。







IMG_2719.jpg

したあとの図。


あとは、野菜とお肉を入れて煮えたらタレにつけて食べるというもの。
スープは野菜の甘味が感じる優しい味なんだけど、お肉に胡椒がけっこう効いているので、ピリっとスパイシー。

そして豚肉が恐ろしく柔らかくてうまい!!!!

鶏肉はもう歯ごたえが凄い!!!

汗をかきかき、滋味深い台東の幸を堪能いたしました。





IMG_2722.jpg

デザートのフルーツたっぷりヨーグルトと食後のドリンク。

ショッキングピンクのドリンクに一瞬慄いたけど、飲んだらスッキリ甘くておいしかったよ。
なんのジュースだったのかな~・・。


食べてる間にもオバアチャンが色々世話焼いてくれて、スマホの翻訳ソフトを使って『どこに泊まってるの?』とか『どこから来たの?』とか我々に色々話しかけたりしてくれて、素敵なオバアチャンでした。



春耕源香草餐廳
住所:台東縣鹿野鄉中華路一段261巷18-1號
電話:089-550-668
営業時間:11:00~20:00

ranking08-003.gif



にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ


最後まで読んでいただきありがとうございます。
関連記事
スポンサーサイト

 台東

- 0 Comments

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。