Welcome to my blog

おかわり!台湾

 18回目の台湾旅行記 台北 焼餅が超絶旨い!和記豆漿店

4日目の朝です。

台北にいると、朝ごはん屋さんが豊富過ぎてどこに行くか迷います。
1日に朝が3回来ればいいのに…(は?)

この日は宿泊ホテルのある大安駅から内湖線で動物園站方面へ3駅の麟光駅で下車してすぐ。
改札を出たら角にあるセブンイレブンを左折するとあります。
看板がないので、一瞬迷ったけど、ほかにお店がないので、間違いない。



IMG_3078x.jpg

お目当てのモノが店頭で焼かれておりますよ!






IMG_3082x.jpg

恐らくご家族でやられている小さいお店。






IMG_3079.jpg

お父さんが窯の焼き場、娘さんが卵を焼きながら接客して、お母さんが店の中央に鎮座しながら常連さんとお喋りするというチームワーク。


このお父さん、一切喋らず、愛想を振りまかず。
黙々と焼いております。









メニューも紙に手書きがいい味出てる。




店内は、ご常連で満席だったので、すぐ隣の公園でワンコに見守られながらいただきますよ。



手がクロスしてるのが、なんとも笑






IMG_3091x.jpg

冰米漿 20元(約¥80)
焼餅來蛋 35元(約¥140)



冰豆漿を注文したら売り切れてて、米漿ならあるよ、と言われたので米獎にしてみました。
なので、カップの蓋から若干茶色いのが透けてる。

タコ?の絵の袋がかわいいw


米漿初体験ですが、きな粉みたいな味なのね。
豆漿よりも気持ちトロっとしてるので、飲みごたえがあるというか、満腹感があるというか。

でも自然な甘みで優しいお味。
暑い夏に冷たい米漿や豆漿はうまいやねぇ…しみじみ。









で、こちらが焼餅に卵焼きを挟んだ焼餅夾蛋 35元
(卵焼き無しの焼餅は25元)


念のため焼餅とは、餅とありますが粉もんヘヴン、台湾の朝ごはん屋さんにはたいていあるパンみたいなもんです(雑w)




ここの焼餅が、まーーー、旨い!!


外側はとっても香ばしく、中はしっとりして、粉っぽさは全く無し。
焼餅はお店によって、パイっぽいタイプとパンタイプがありますが、ここのはもろパンタイプ。

挟まってる玉子焼きは、塩気も焼き加減のあんばいも絶妙、葱のアクセントとか、もう神だよ「ネ申」!

西田ひかるもびっくりのオーマイゴッドだよ!



お父さんの熟練の窯焼きパン(もうパンって言っちゃうけど)の技が成せるのか??

いや、娘さんの焼く玉子焼きも大事か!


ドラム缶のような窯で焼いたパンに玉子焼きを挟むっちゅー、このシンプルこの上無い食べ物を極めるあの親娘(いや、勝手に親子扱いしてるけど違うかもだけどw)凄いよ。。

他所の焼餅とは、何がどう違うのかハッキリ説明出来ないんだけど、とにかく美味しいから是非とも食べてみて!

ワタシ的この旅行トップ3の味。





IMG_3083x.jpg




和記豆漿店
住所:台北市信義區和平東路三段463巷2-2號
営業時間:6:30~11:30
定休日:毎週水曜日

ranking08-001.gif



にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ


最後まで読んでいただきありがとうございます。
関連記事
スポンサーサイト

 朝食 台北 豆漿

0 Comments

Add your comment