Welcome to my blog

おかわり!台湾

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 イギリス旅行記 1日目 ヒースロー空港からエジンバラへ

先月、イギリス旅行に行ってきました。



今回は母との二人旅。


数か月前、母から「mojaoちゃん、一緒にイギリス旅行に行かない?」とメールが。

イギリスかぁ・・ごはん美味しくないって聞くし、遠いしなぁ・・

と、台湾ボケしてるワタシに一撃のひと事。


母 「お金は出してあげるから」




行きますっ!!!





てなわけで、母主導の今回の旅、母が選んだツアーで行きましたので、日本旅行の添乗員さん付きのツアーです。
日頃気ままな自由旅行をしている身にとって、団体行動は・・・・いやちょっとごにょごにょ。
(いや、人の行動よりも自分がみんなに合わせないといけないのが苦手なのですよ!)

オーダーメイド旅行とかもあるよ?とそれとなく言ってみたのですが、母は「このツアーがいいの!」っと既に決めていたようで、ワタシはお供するのみでございます。


なので、今回の旅はワタシは一切手配も準備もしていない上げ膳据え膳旅行ですよ。


しかし、超絶円安の2015年6月上旬!
ただでさえ物価の高いイギリスなのに・・・

恐ろしい両替は1£≒¥202@羽田空港 三井住友銀行。


どひーーーーー!


羽田で外貨両替初めてしたけど、ポンド両替は1ポンド辺り11円の手数料が取られます。





羽田からヒースロー空港までANAで12時間半。

母がプレミアムエコノミーにしてくれたので、ちょっとリッチ。

座席が広い、ラウンジが使える、預け荷物が優先などなどの特典があります。






R0012086.jpg

機内での食事は普通のエコノミーと一緒だけど、ビジネスクラスのケーキとかがもらえるよ。

もらえるモンは全部もらっとけってことで、お腹空いてないけど、食う。
寝起きだけど食う。

CAさんもエコノミーよりなんだか優しい気がするのは気のせい?






イギリスって入国するのなかなか大変ねー。
テロなどのせいで厳重になっているのは仕方ないけど、いったい、何回パスポート見せて、セキュリティーチェック受けりゃいいのさ!


その後、エジンバラへBA(ブリティッシュエアウェイズ)で乗り継ぎます。

R0012094.jpg

乗り継ぎに4時間もあって、けっこうヘロヘロですよ。






R0012096.jpg

お~、ユニオンジャックだらけ!






R0012103.jpg

国内線だから飛行機も小型。

機内サービスはドリンクとスナックのみ。
ヒースローからエジンバラへは1時間ちょっと。







R0012114.jpg

エジンバラ空港は意外にもモダンでオサレ。

しかし、寒い。
日本よりだいぶ緯度が高いとはいえ、6月のくせにめっちゃ寒い!






R0012106.jpg

空港の売店で、スシが売ってたよ!

サーモンとエビ、5貫で900円とわ!
京樽なら、同じ値段で色とりどりの色んな寿司ネタ10貫食えるぞ、オイ!




バスで空港近くのホテルへ移動。

今宵のホテルはDalmahoy Marriott Hotel & Country Club



IMG_1551.jpg

城だよ、城!!
ヒューヒュー。

このホテルで一気にヨーロッパ来た感が高まるね~。






IMG_1542.jpg

部屋は普通だったけどね。
でも広くて清潔で言うことナシ!



IMG_1545.jpg

水回りも清潔で問題ナシ!


宿泊したこのホテルはけっこうデカくて、ホールのようなものがあって、そこで結婚式の披露宴らしきものをやっていたんですよ。
着飾った男女がパーリーしてたの。

で、そこで数人の男性がスコットランドの正装のキルト履いてたんすよ。

タータンチェックのプリーツスカートにハイソックス。参考画像→
萌えるね。

かわいい~っと思って、お願いして一緒に写真撮ってもらったんだけどね。

ブレブレだったよ・・・


なんで外国人って写真撮るの下手なんだよ!
(ってこのとき、思ったんだけど、後に我々と一緒のツアー客の人に写真撮ってもらったら、そいつも下手だったから人種関係なかった・・偏見だったよ・・)

って、話しをしたら母が「嫌がらせでわざとやってる場合もあるよ」だって。

マジか!?





初日は移動で終了です。



関連記事
スポンサーサイト

 ホテル

- 0 Comments

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。