Welcome to my blog

おかわり!台湾

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 17回目の台湾旅行記 台北 豆漿の基本に立ち返る@阜杭豆漿編

今さらブログに書く事も躊躇われる阜杭豆漿で朝ごはん。
前日に佳香點心大王で激ウマの豆漿を食べた(飲んだ?)ので(過去日記)台北の豆漿屋さんの有名すぎる名店である阜杭豆漿で再確認。
春の訪台でも来たんだけど、定休日の月曜に来てしまい、撃沈。

小龍包の鼎泰豐
豆漿の阜杭豆漿

が、ワタシ的に味を確認する指標になってる感じです。
ま、ベタベタですけどね。でも間違いない味ですから。


週末は激混みで1時間の行列必須の阜杭豆漿。
なので平日に来てみたけど、並ぶことには変わらんかった。。
ビルの下まで行列があるから萎えたけど、意外とサクサク進んだので思ったほどは時間がかからなかったけど、それでも30分は並んだかな~。



しっかし学習能力皆無のmojaoさんは、またまたデジカメのバッテリーを晩にホテルで充電してたため、バッテリーを装着せずにカメラを持ってきてしまったので、今回もiPodのウ○コカメラで撮影したからクソな写真しかないですよ・・・。




鹹豆漿(しょっぱくて温かい豆漿 左)と冰豆漿(冷たくて甘い豆漿 右)
それに今回は薄餅油條(奥)を頼んでみました。






こちらは安定のお味。

温められておぼろ豆腐のようになった豆乳に干し海老やザーサイなどが入ってる具だくさん豆漿。
うんめぇわ~。
でもちょっと今回塩っぱく感じたな・・。


でもさ~、全然、食べ比べたことないくせに、勝手に阜杭豆漿が豆漿の絶対君主だと思ってたんだけど、佳香點心大王の豆漿は《ネ申》かもしんまい・・とちょっと思ってしまったのです。
てな訳で、豆漿屋さんの探求が芽生えたmojaoさん。

阜杭豆漿の最大の難点、並ぶ(待つ)ということを考えると、台北市内にはもっと豆漿の名店があるはず!







パンで油條(揚げパン)を挟むという、炭水化物 in the 炭水化物+@油
正直、BBAなmojaoさんにはオイリーでギブでしたよ。。







とーこーろーで、奥さーーーん!
1月、2月の台湾本の出版ラッシュがゴイスーなことになっておりますよ!





駅からあるく♪ 週末台湾 SE編集部 著(リンクは楽天です)

最近、ぐっと注目を集めている台湾。
この本は現地在住のライターとローカルの台湾人がおすすめするお店を厳選して紹介するガイドブックです。
定番はもちろん、他のガイドブックにはない、とっておきのアドレスも収録していますので、これから台湾に行く人はもちろん、リピーターにもおすすめしたい一冊です。
また、台北から1時間でアクセスできる台湾第三の都市台中や、台中を起点としたリゾートステイ日月潭も。
台北だけじゃない、台湾の魅力がいっぱい詰まっています。
出版社の抄録より。2/15発売予定





台湾の歓び 四方田 犬彦 著(リンクは楽天です)

数多くの民族と言語を抱えながら、きわめて実験的な文学や、洗練された映画を産み出してやまない台湾。その文化・社会とはどのようなものなのか。台北、台南を拠点に街を歩き、詩人、映画人らと対話を重ね、夜を徹した宗教儀礼へ参加し、その重層的な魅力について縦横に語る。長期滞在を機に書き下ろす、著者初の台湾紀行。出版社の抄録より。 1/15発売



この間もリンクしたけど



台湾行ったらこれ食べよう!(リンクは楽天です)2/10発売予定




認識・TAIWAN・電影 映画で知る台湾(リンクはamazonです)

映画から見えてくる台湾社会の現実
急速に活気を取り戻す台湾映画。本書は朝日新聞元台北支局長が映画という窓を通して台湾を覗き込んだ「台湾論」である。「日台」や「外省人」「格差」など、今の台湾社会を映し出す映画を紹介しながら、台湾社会のトレンドや現実を、監督や俳優のインタビューを交えながら描き出す。
amazonの抄録より。2/1発売。




乙女の台北 かわいい雑貨、カフェ、スイーツをめぐる旅(リンクはamazonです)1/20発売



画像はまだ無かったのですが「台湾朝食トリップ」という本も2/25に発売予定。
絶対、阜杭豆漿も載ってるんだろうなー。

以前「台湾一周!安旨食堂の旅 (双葉文庫)」を出版した光瀬 憲子さんの著書、「台湾縦断! 人情食堂と美景の旅 (双葉文庫)」2/10発売予定。
内容被ってないのかな・・?

さらにさらに。赤文字雑誌モデルで在日台湾人の舞川あいくさんの台湾本「舞川あいく責任編集 おいしい台湾」も2/20に発売予定。
これは若いムスメさん向けの内容なんだろうなっと推測。


個人的に気になってるのは「認識・TAIWAN・電影 映画で知る台湾」
KANOも今週から遂に公開ですしねー。
楽しみです!




にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ

前回のコスメ記事が思いの他人気でビックリmojaoさん。
いつもありがとうございます。

阜杭豆漿
住所:台北市忠孝東路一段108號2樓之28
電話:02-2392-2175
月曜休み



関連記事
スポンサーサイト

 朝食 台北 豆漿

- 0 Comments

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。