Welcome to my blog

おかわり!台湾

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 台湾土産 Daniel kitchen丹先生の土鳳梨酥

台湾土産の筆頭、鳳梨䣷パイナップルケーキ。

最近は日本でも買える微熱山丘で落ちついておりますが、8月の台湾旅行で偶然出会った激ウマ鳳梨䣷がありましたので、ご紹介。





Daniel kitchen丹先生 土鳳梨酥 10袋入り350元

迪化街で売っていて、試食を頂きましたら、とーっても美味しかったので購入。







パケはこんな感じで「丹」のスタンプが。






一口サイズの鳳梨䣷がひと袋に二つ入ってます。
この一口サイズってけっこうありがたくないですか?
会社でおやつに食べたりすると、カスがポロポロこぼれて書類にバターのシミが…みたいなことになりませぬか?皆さん!
このパイナップルケイクならそんな心配ご無用!
一瞬OK?かと思いきや、Daniel kitchen のイニシャルDKが刻印されてます。






食べかけみたいに見えますが、一応ちゃんとナイフで切ってみました。
が、小さいので潰れてしまった…。

餡は酸味が少なく、生地にはチーズが入ってるので、こっくりとしてます。

材料にもこだわっていて、パイナップルはもちろん台湾の彰化産、卵も台湾の有機地鶏のもの、小麦粉は日本産、チーズはニュージーランドとデンマーク産、バターはLURPAKルアーパックというデンマークブランドのバターを使用とショップカードに書いてありました。
(ただ、今facebook見ると、バターはフランスのIsigny、チーズはデンマークと記載されていたので、時期によって変わるのかな?)

LURPAKって初めて知ったけど、バター通には有名なバターらしく、日本だと通販かパン屋さんのアンデルセンが毎年6月に行うデンマークフェアで買えるらしいです。
以前行ったフレンチレストランで出た発酵バターの旨さに悶絶して以来発酵バターが気になっているmojaoさん、来年の6月心待ちにします!


話し逸れましたけど、そんな原材料にこだわったDaniel kitchen丹先生のお菓子たち、どこで買えるのか調べたんだけど、イマイチ謎なんですわ。
いや、ワタシが中国語ができないからだけなんですが、facebookはあれど、お店の情報とかが一切ないのです。
通信販売は行ってるようですが・・⇒

唯一ワタシが買った迪化街にある老桂坊というお店で取り扱ってることだけはわかりました。
ワタシは老桂坊の実店舗ではなくて、迪化街で8月8日~8月10日に行われた元氣市集(イベントのようなお祭りのような感じ)で路上販売していて、そこで買いました。
老桂坊については旅々台北にも記事がありました⇒
この老桂坊ってお店、面白そうですな。



にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ






関連記事
スポンサーサイト

- 0 Comments

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。