Welcome to my blog

おかわり!台湾

 17回目の台湾旅行記 台南 林百貨とサラサラっとエビごはん@集品蝦仁飯

ホテルで朝食を食べたらうっかり二度寝してしまいまして、目を覚ましたら雨も小降りというか、ほぼ止んだ感じで。
ワタシが台南にいた数日は夜更けから午前中は大雨、お昼辺りに止むというパターンでした。

日本統治時代の建物を修復して2014年に復活した林百貨に行きました。

IMG_0474.jpg

いわゆる三越などの百貨店とは違って、林百貨は台湾の特産品の食品や雑貨、洋服、小物、本やCDなどを扱っています。
週末は入場制限するほどの人気。





IMG_0629.jpg

鶯歌に窯元がある立晶の食器もたくさん。
迪化街にある民藝埕や富錦街にあるfujin treeなどオサレ雑貨屋さんでも取り扱ってるこの食器。
mojaoさんはいつかまた鶯歌に行って大人買いし隊。




IMG_0633.jpg

林百貨でおったまげた商品がコレ。

電柱?の模型みたいなのが、なんとなんと26,000元(約¥91,000)!!
えぇっと・・・、昔小学生の頃、プラスマイナス極で発光する豆電球で懐中電灯作りませんでしたか?
そのクオリティとこの26,000元はどれほど違うの?
え?アート?これ、アートなの??



1Fには台北のPEKOEの食品など、素材や栽培にこだわった台湾産のドライフルーツや麺類、お米、調味料などの食品が沢山あって、お土産にも最適。




IMG_0618.jpg

屋上には日本の居酒屋風のおでん屋さんがありました。
日本酒とかも並んでて本格的


ワタシも色々買い込み、思った以上に林百貨満喫してしまった。

林百貨で買い物したら、腹減ったぜー。




お昼も台南の小吃のお店。



集品蝦仁飯
保安宮の斜向かいのお店。




IMG_0637.jpg







蝦仁飯 左 50元(約¥175)
肉絲飯 右 40元(約¥140)


どうでもいい話しですが、なんか写真がハイキーだなぁ・・と思ったら、この時サングラスしたまま撮ってた…。









汁だくのエビの炊き込みごはんみたいな感じ。
お箸よりもレンゲの方が食べやすい。
海老の殻で出汁でもとってるのか、お汁の色がちょっと黒くて香ばしい。

やだ!超おいしいわ!
暑い夏には、こういう汁気のあるごはんがサラサラっと食べられていいね。







二人で同じもの頼んでもつまらないので、もう一つは豚丼。
ピンボケ写真でごめんなさいよ。

ちょっと薄味で肉も若干パサついている。
不味くはないけど、やっぱりエビごはんの方が断然うまい。







蛤仔湯 35元(約123) 

またアサリのスープ。
この夏台湾の地味なハマリものがアサリスープ。
ココのはアサリがたっぷり入っていたので、いいお出汁が出てました。
貝の味も濃くて、美味しかったなー。





IMG_0648.jpg

燙青菜 25元(¥88)
 
可愛い小さな貝殻型のお皿に盛られた空芯菜。
ちょっと茎だらけで、塩気も薄味だったけど、普通に美味しい。



IMG_0655.jpg

集品蝦仁飯
住所:台南市中西區海安路一段107號
電話:06-226-3929
営業時間:8:00~21:00

ranking08-002.gif

老若男女ひっきりなしにお客さんがやってくる名店です。


にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ




関連記事
スポンサーサイト

 小吃 台南

0 Comments

Add your comment