Welcome to my blog

おかわり!台湾

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 17回目の台湾旅行記 台北 朝から絶品小籠包@鼎元豆漿

最終日の朝ごはん。

常宿のTango Hotelの朝ごはんがけっこう美味しいので、ホテルで食べがちなんですが、最後なので、外で食べます。

去年食べて美味しかったと記憶してる豆漿屋さんへ再び。→去年の訪問日記






鼎元豆漿









今回行ったら日本語の注文票が出来ていた。
店内にも日本人たくさん。
ま、お前さんもジャップですけどね?
さすがお盆休み。








冰豆漿
鹹豆漿


冰豆漿は豆漿自体を凍らせたのが混ざっているので、冷えっ冷え。
暑い夏にはたまりませんなー。


に反して、鹹豆漿はちょっと薄く感じた。
豆漿自体も塩味の味付けも。

あら?こんな味だったっけ?っと。

佳香點心大王や阜杭豆漿と比べたから薄く感じたのかなー?
たまたまなのか、いつもなのか。。
前回来た時は、ここのが一番!とか思ってたんだけどなぁ…。
一年越しの再訪なんでちょっと記憶が…。









小籠包 90元(約¥342)

店名変わる前からだと、今回三度目の訪問にして、初めて小籠包を頼んでみた。
ここの小龍包は名物なんだけどね。









肉汁もタポタポだよぅ。








溢れ出る肉汁!
ほとばしる旨味!!


皮は少し厚めだけど、全然OKだ。
そのまま何も付けずに食べても充分美味しい。
針生姜を乗せて食べるとさっぱりいくらでも食べられそうな肉肉しい小籠包。


なんだ、もう高級店なんか行かなくてもいいじゃない、と思える。







2014年夏のワタシ的豆漿は

1位 佳香點心大王

塩気などは好みの問題ですけど、ワタシも連れもお豆さんの甘味が濃厚で滑らかな佳香點心大王が一番好きとの意見で一致。
お店の方も優しいし。


2位は甲乙つけ難し。
阜杭豆漿は行列が無ければいいんだけどねぇ…
週末は1時間待ち、平日でも30分待ち。

家美旅店に泊まるメリットは阜杭豆漿に至近なことだけど、土曜の朝に行った人が1時間待ったと言っていて、辛抱足らないワタシは真夏に1時間も並びたくない…。

点心類が食べたい時は小籠包や韮菜包などが破壊力抜群の鼎元豆漿も捨てがたい!

いや、やっぱり順位なんて野暮なもん決めらないw




にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ





鼎元豆漿
住所:台北市大安區金華街30-1號
電話:02-2351-8527

ranking08-002.gif


大きな地図で見る

豆漿屋さんって台北の街中にたっくさんあるので、次回はもっとローカルな豆漿屋さんを攻めとうございます。



関連記事
スポンサーサイト

 小籠包 朝食 台北 豆漿

- 0 Comments

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。