Welcome to my blog

おかわり!台湾

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 17回目の台湾旅行記 寧夏路でチーロー編

2日目

朝ごはんを食べた後は華山1914文化創意產業園區に行ってみました。


IMG_0347.jpg

日本統治時代のお酒工場の跡地を利用して再開発し、展覧会場やお店が並んでるスポットです。
この時は、日本の漫画のワンピースの展覧会をやっていたので、子供たちがイパーイ。

そしてオサレ雑貨を売っているお店がありまして、そこに映画KANOのTシャツが売ってたんですよ。
映画まだ見てないくせに、「KANOT欲しーー!」とスパークしたワタシは、首から下げてたカメラをもぎ取ろうとしたら、ゴツ!っとカメラの角が左眉にヒットし、そのままパックリ割れるという、ちょっとした流血事件がありまして。
しかも、KANOTは欲しかったサイズが無く買えず。
もう一気にテンションダダ下がりのワタシはすごすご退散。

痛いよぉぉぉ~涙





気を取り直して、ランチのお時間です。
リクエストのひとつが「チーローが食べたい」でして、鷄肉飯(チーローファン)の美味しそうなお店を探して、こちらへ。





寧夏路へ。
昼間に来るのは初めてだ。






蔡記嘉義火鷄肉飯

夜市がやってない昼間も寧夏路沿いの食べ物屋さんは営業してます。





メニューはこんな感じ。






基本の一汁二菜







火鷄肉飯 大 50元(約¥175)

なかなか美味しいです。

火鷄は七面鳥のことなので、火鷄と店名に入ってるここは、鶏ではなく七面鳥のお肉です。
鶏肉よりあっさりしていて、臭みが少ない気がする。





IMG_0372.jpg

炸鷄腿 60元(約¥210)

LOVE唐揚げ
炸鷄腿も衣がザクザク、お肉は柔らかく、しっかり味が付いてます。

余談ですが、台湾の唐揚げってモスチキンみたいなポロポロザクザクした衣がうめぇって思いませんか?
この衣、先日行った台湾料理教室で教えてもらったんですが、地瓜粉、つまりサツマイモ粉だったんす。
なので地瓜粉と魔法の粉さえあれば、あなたの唐揚げも台湾風。レッツトライ。







冬瓜排骨湯 50元(約¥175)

冬瓜と排骨のスープですが、貝も入ってました。
貝はアサリなのかな?似てるけど日本で食べてるのとは貝の形がちょっと違うし、貝の身の味が濃い気がするよ。
貝と排骨の出汁がトロリと煮込まれた冬瓜にじんわり染みてうま~。


にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ

蔡記嘉義火鷄肉飯
住所:台北市寧夏路48號
電話:02-2555-4875
営業時間:11:00~2:00(深夜)

ranking08-002.gif



関連記事
スポンサーサイト

 鶏肉飯 台北 夜市

- 0 Comments

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。