Welcome to my blog

おかわり!台湾

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 16回目の台湾旅行記 カメラ街でバッテリーチャージャーを買う編

この旅行で、色々と日本に忘れ物をしてきたんですが、最大の痛手がデジカメのバッテリーチャージャーを忘れたっつーことです。
バッテリーじゃなくてバッテリーを充電する機械ね。

気づいたのが家を出て空港に向かう電車に乗った後だったので、時間も無くて取りに戻ることは諦めました。
ちなみに、過去にもバッテリーチャージャーを忘れたことがありまして、その時は仕事で、夜はそのまま羽田近くのホテルに宿泊して翌日の早朝便で台北入りだったため、会社に遅刻してでも取りに帰ったという・・

仕事に遅刻<台湾での撮影=mojao(ドヤ顔)


しかもわざわざ家に取りに戻ったのに、確認したらしっかりトランクに入れてたっていう・・・遅刻した上に、忘れてなかったという。。



って言うのは以前のハナシなので今回はどうにもこうにも現地で調達するしかありません。
充電せずにこの旅行を乗り切ることは出来ん!!


台湾はデジタル最先端の国だから、日本のカメラ製品くらい簡単に手に入るだろうと調べたら、見つかりました。
台北駅の近くにカメラ街があって、しかも夜の10時くらいまで営業してるらしい!
旅々台北の記事

なので初日の夜にFiFiで夕飯を食べたあとにそのカメラ街に行ってみました。

ギリギリ夜の10時だったので実際は、ほとんどの店が店仕舞いしてシャッターが降りていたけど、ポっと店内の灯りがついていた小さなお店がありました。

mojaoさんは、2年前のお誕生日に買ってもらったCanonのEOS愛用者なので、CanonのHPを見せてこのチャージャーありますか?と店番していた若旦那にお尋ねしますた。

するとご主人、Canonの純正品と台湾ブランドの非純正品がありますけど、どっちがいいですか?的なことをおっしゃる。

そら、やっぱ純正品が良いに決まっとるやないの!

と言ったら(いや、実際はCanon製品がいいです、くらいのニュアンス)


Canonのバッテリーチャージャーは2800元(確か)ですと!

高っっ!!!

2000円くらいだろうなーっと軽く考えていたワタシは2800元(約1万円)にブッ飛ぶ。


バッテリーじゃなくてバッテリーを充電する機械がいちまんえん!!!???




その純正じゃないのはおいくらなのかしら??

と、聞いたら、1200元です、とのこと。

半額以下なら台湾ブランドをいただきますよ!

いや、むしろ台湾製品を買ってお礼ですよ!(震災復興支援にね)




IMG_9997.jpg




IMG_0001.jpg

パナソニックのカメラとも互換してるみたい。




IMG_0003.jpg

中身はこんな感じ。
真ん中の袋に入っているのは、車用の充電器らしいです。


それでも約4000円ですからねぇ・・安くはない。



だって、帰国してから調べてたら日本では純正品ですら、定価で5400円、楽天で3000円以内で売ってるってことを知っちゃったんですもの。


台湾の関税ってどうなっとんのよ!!


それでも台湾で日本ブランドの一眼レフカメラを持ってる人をたくさん見かけるので、彼らは一体いくらであのカメラを購入してるのかしら?



いや、飛び込みで入ったお店で言い値で買いましたので、台湾でもワタシの買ったこの価格が高いのか安いのかわからないんですけど。

でも、ご主人とっても良い方で、英語で親切に説明してくれて、純正品じゃないものを買うワタシが不安げだったのか、ちゃんと充電できるのか、その場でお試しさせてくれたりしました。


ワタシが買ったお店↓

IMG_9537.jpg

泰光
サムスンがデカデカと書いてあるのは、遺憾ですが。



何はともあれ、これで安心して明日の撮影に挑めますよ!!!

でもですね、フル充電するのは、けっこうな時間がかかります。
旅先のホテルで充電するものって、このご時世色々ありますでしょ?
スマホとかタブレットとかWiFiルーターとか。
複数で泊まってたらその人数分とか。
なので、この人だけでコンセント一晩中占拠っつーのもいかがなものか…。



にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ

皆さまは、カメラ用品をお忘れなきよう。
台湾でも買えますけどね、多分だいぶ日本より割高です。

関連記事
スポンサーサイト

 台北

- 0 Comments

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。