Welcome to my blog

おかわり!台湾

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 16回目の台湾旅行記 オサレ四川シリーズFiFi編

2014年3月台湾旅行記です。

午後便で台北入りしたため、ホテルにチェックインしたらお夕飯の時間です。
もはや、台北での恒例となるオサレ四川料理へ。


今回は、FiFi

IMG_9524.jpg

1Fが洋服や雑貨のお店&カフェ、2Fがレストラン、3Fがバーとなってます。
なんか有名なデザイナーが手がけてるお店らしいです。(なに?そのざっくりした情報‥)


予約はWEBからできます。日本語OKよ。


雰囲気はちょっとゴスロリ調っつーか、なんつーか。
2Fにあがるエスカレーターの上の壁に掛けてあるのは、ベラスケスの描いたスペイン王族の絵をデコラージュしたものだったり、店内の照明にシャンデリア、受付にはキャンドルが飾ってあったり。


一応四川料理のジャンルで紹介されてるお店ですが、辛くないメニューも多くて、実際我々が頼んだものも、たまたまですが辛くないものばかりになってしまいました。


IMG_9527.jpg

鼓椒蠅頭 260元

何はともあれ、台湾の四川料理のお店に来たら、頼む一品、ハエ頭。
大好きなメニューです。

ニラと豚の挽肉を豆鼓や唐辛子などと一緒に炒めたもので、ニラが日本のニラと違って、むぎゅっ!っとした食感なんす。
食感に存在感がある割に、ニラ臭は控えめ。
台湾と日本って近いけど、野菜が違うなーって思います。
似てるけど全然違う。A菜とか台湾では当たり前のように見かけるけど日本のスーパーなんかてんで見かけない。




IMG_9530.jpg

宮保鷄丁 300元


ここの鶏肉はムネ肉やね。
見た目に反して全然辛くないこの料理。
もともと宮保にする唐辛子は、朝天辣椒というちょっと丸っこい唐辛子で、あんまり辛くないのがよく使われているけれど、FiFiのは他所で食べたときよりもさらに辛さがマイルド。っつーかちょっと甘め?




IMG_9531.jpg

老皮嫩肉 220元


卵豆腐を揚げて甘辛く味付けしたもの。
台湾の四川料理屋さんではたいていあるけど、日本の四川料理屋さんにもあるのかなー。

FiFiのはちょっとタイ風な味付け。
スイートチリを薄めたようなタレがかかってて、パクチーが乗っかってるからそんな風に感じた。


お味はどれも美味しいんだけど、しかしだね。
お皿がどうなの?FiFiさんよ。

蠅頭がのっかってたお皿、どっかで見たぞ?って思ってお皿の裏見たら、その昔、ワタシが食器になんの興味もないころに使用していたIKEAで70円くらいで買ったのと同じだった。
えぇ、余談ですけど、mojaoさん、最近お皿に目覚めてちょいと食器にはうるさいんですのよ?

老皮嫩肉がのっかてるお皿も梅のような花柄の安っぽい磁器だし・・。

このゴスロリ調の雰囲気に、このやっつけ感ハンパない食器のチョイスはどうなのかしら?
まー、そこが台湾らしいの爪の甘さなんだけども。



IMG_9535.jpg

蒜容蒸蝦 360元


やっとこ洒落た青磁のお皿で来たよ!

蒸したエビにニンニクソースがかかったお料理。
ニンニクがっつりですけどねー、うんまかったです!
ちなみに全然辛くないです。


FiFiさんは、メニュー全てに日本語表記があるので、とっても選びやすい!
料理のお値段はオサレ四川レストランの平均レベルかなー。
に、反してさ3Fがバーなので、お酒のメニューは豊富ですが、値段は高め。
ビールがハイネケンとバドワイザーと台湾ビールと、あと、聞いたことない銘柄のちょっと高いブランドのものでした。
ビールは330mlで180元、
180元って、たいていは中瓶サイズのお値段ですよ!!!怒
そしてあんまり冷えてない‥。
むむむー。これはいただけない!


客層は、欧米人もちらほら見かけたし、セレ部風な人、HOOTERSで働いてそうなインターナショナルな雰囲気の女の子たちが沢山いました。
店員さんは概ね感じ良いし、ってサービス料10%取るんだから、当たり前だ。
お料理はどれも美味しかったです。最低消費350元/人

我々のお会計は1,860元+サービス料10%で2046元(約¥6,956)



にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ



FiFi茶酒沙龍
住所:台北市仁愛路四段15號
電話:02-2721-1970

http://www.isabelle-wen.com/wenfifi/
ranking08-003.gif

大きな地図で見る

隣りのテーブルで女子会してた台湾女子たちの「FiFiでディナーしてるワタシ」の自分撮りが激しくて、そっちばっかり気になってしまった。


関連記事
スポンサーサイト

 四川料理 台北

- 0 Comments

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。