Welcome to my blog

おかわり!台湾

 15回目の台湾旅行記 朝食@オークラホテル

年初めなので、今年の目標何にしようかなぁ~って考えてみたけど、とって付けたように大それた事なんて思いつかないので、毎度同じような事だけど、ついつい余裕が無くなるとおざなりになりがちになる己に言い聞かせる意味で、きちんと暮らすってことにします。
食べることも働くことも家のことも、自分以外の誰かに対しても。
何より身体も気持ちも健やかでいたいですね、やっぱり。

そして、もちろん台湾には行きたいのですが、行ったことない国や国内へも旅行したいです。
円安だから海外は中々二の足踏んでしまいますが、フィンランドに行ってみたいんす。
食器にハマって以来、フィンランドでアンティークの食器を見たいのです。
国内だと倉敷に行って民藝品を見て歩き隊。


まだまだ続くよ、台湾旅行記@2013年8月。

大倉さんちの朝食をご紹介をば。

いいホテルに宿泊したときの楽しみのひとつが、朝食なんす。
ホテルのHPから直接宿泊予約しましたので、朝食は別料金(600元+サービス料10%)でした。

2Fにある明るくて広々としたコンチネンタルルームでのブッフェスタイルです。


634.jpg

実はこれは2皿目の写真。

ひととおり食べた後に、どっかの欧米人の女性がワッフルの乗ったお皿を持っていて「ワッフォーあるんかい!」っと血眼になって探してゲットした。

味はま、フツー。
もっとアツアツサクサクだったら良かったんだが。。



645_20140101114612ae0.jpg




639.jpg




640_20140101114609ebd.jpg


メニューは、パンからシリアル、お粥、白米、おかずも和・洋・中よりどりみどりうつみ宮土理。
コックさんが目の前で作ってくれる玉子料理や麺類もありました。

が、これは珍しい!これは旨い!!と、目を見張るメニューもなかったかなーっと。

あ、中華っぽいおかずは美味しかったですよ、おかわりしたくらい。


だけど、個人的に、感動した(美味しかった)台湾のホテルの朝食の第一位は君品酒店なんですが、そのレベルには遠く及ばない。(過去記事参照

なんせ3年前のことなので、今もあの時と同じ朝食かどうかは不明ですが、今写真を見返してみても、パンのレベルが全然ちがーーーう。

大倉に限らず、台湾のホテルの朝食のパンってヘチャヘチャしててあんまり美味しくなくない?
なんか上顎にへばりつくっていうか、奥歯にねっちょり詰まるっていうか…

君品のはクロワッサンもデニッシュもバリッサクッとしてて、そりゃぁ~美味しかったのですよ。


大倉の朝食、600元出して食べる価値は、個人的にはあんまり感じ無いなー。
日本のお盆シーズンで混んでたのか、ワサワサしていて落ち着かないってのもあったかもしれないですが。



にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
関連記事
スポンサーサイト

 朝食 ホテル 台北

0 Comments

Add your comment