Welcome to my blog

おかわり!台湾

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 15回目の台湾旅行記 中正紀念堂でハシゴランチ@黃龍莊&金峰魯肉飯編

イキナリですが、ここで一句。

『台湾来たら 一度は食べたい 小龍包』

お粗末。



今回のターゲットはコチラだ!


267_2013092110395128a.jpg

黄龍荘台北ナビ記事
かつて「勝香品」というお店が場所と店名を変えてリニューアルしました。
勝香品の時からずっと来てみたかったのですよ。

最寄駅は忠正紀念堂
前日にも朝ごはんを食べに忠正紀念堂に来ましたけど、ここら辺ってワタシが気になってるお店が多いのですよねぇ‥。
未訪なんですけど、林家乾麺とか、現地密着な食堂がっ。




268_201309211039558ef.jpg

メニューはこんな感じ。




273_20131113172728b7b.jpg

酸辣湯 60元(小)

具だくさんで酸味と辛味が割としっかりしてて美味しかった。




274_20131113172731852.jpg

相変わらず芸の無いオーダーですが、炒青菜(空芯菜の炒め)100元小籠包湯130元



277_20131113172732115.jpg

スープがぁぁぁぁ


見た目茶色くて味濃そうに見えますが、わりとあっさり。
例えるならば、身長163cm体重45kgの女性。

は?って思った?

平均よりちょっとイケてるって意味よ。

そうねぇ、鼎泰豊なら174cm 52kgね。
小籠包界の林志玲リンチーリン。



皮の薄さも厚すぎず、薄すぎずな、ほどほど。
スープの量もほどほど。

肉の臭みなんぞは皆無で、脂のしつこさもない上品な小籠包。
優等生な小籠包って感じで、うまっ。

お店は新しくて清潔だし、店員さんはみんな感じがよくて優しいし(って台湾の店員さんはどこも優しくて感じいいけど)お味も安心な美味しさでした。



食べ終わったところで、ワタシが「(忠正紀念堂駅前にある)金峰魯肉飯にも行ってみたかったんだよねぇ‥」と呟いたら


連れ「行きましょう!」


っと孫正義のツイッターなみのフットワークで移動。
さすがメタボな彼氏を持つと心強いぜっ!



黃龍莊
住所:台北市中正区牯嶺街43号
電話:02-2322-4295
営業時間:10:00~21:00 月曜定休

ranking08-002.gif






279_201311131756145dc.jpg

金峰魯肉飯

有名店ですが、初訪問。



残念ながら終了してしまった旅番組で紹介されていて、海外行くならこ~でね~とで、林志玲も来るとか来ないとか??
いや、絶対来ないだろうけどね。
食べたとしても、マネージャーさんかお付きの人が外帯(テイクアウト)するんでしょ??



284_20131113175545aee.jpg





283_20131113175544606.jpg

魯肉飯
油豆腐



コチラの魯肉飯はサイズが大中小と3種類あるのですよ。
大だからってラーメン丼みたいな大盛りサイズとかでは無いです。
ちょっと大きめのお茶碗くらい。

多分ワタシたちは小サイズを2個頼んだ気がしますが、ちょっと失念。
値段は小25元、中35元、大45元です。

一見、脂身が多そうなんですが、お箸でお肉に触れるとご飯にとろけちゃうんですよ。
それだけ煮込まれているということなんですね。
苦手な八角さんもいらっしゃいません。


トロットロしみしみで、うまいわぁ~。

当初、ちょっとオイリーという噂を小耳に挟んでおったんですが、全然そんなこともなく。

「私=小籠包食べた後+真夏+オバちゃん」という条件下で食しても、ペロリでしたので、育ち盛りのお坊ちゃんお嬢さん方でしたら、大サイズでもヨユーでしょう。


油豆腐は目の前に座っていたウォーリーを探せのウォーリーみたいな風貌の男子が食べててうまそうだったので真似しました。
味は、ま、普通?
甘辛目のタレのかかった厚揚げって感じ。





285_20131113175546df4.jpg


にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ




金峰魯肉飯
住所:台北市中正區羅斯福路一段10號
電話:02-2396 0808

ranking08-002.gif

大きな地図で見る
周りを見ると、排骨スープ飲んでる人多かったです。
旨いのかな??






関連記事
スポンサーサイト

 小籠包 魯肉飯

- 0 Comments

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。