Welcome to my blog

おかわり!台湾

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 15回目の台湾旅行記 台北 オサレ四川 @川.譜編

15回も台湾を訪れてるので、ワタシの旅行もだんだんパターン化しつつありまする。
その流れのひとつが滞在中一度は「オサレ四川料理屋さんに行く」でアリマス。

優しい味の多い台湾のレストランの中で、辛い四川料理はビールに合うし、この手のお店はわりと(営業終了時間の早い台湾ではあくまでも、わりと)遅くまで営業している気がします。
台湾のレストランはたいてい21時くらいに閉店してしまうのでねー。

台北のとくに、東区あたり、MRT板南線の忠孝復興駅から忠孝敦化駅界隈のレストラン密集地帯には、四川呉抄手過去記事①過去記事②)やKiKi過去記事)や川妹子過去記事①過去記事②)、まだ行ったことないけどFiFiなどの、シャレオツで美味しい四川料理のお店がいっぱいあります。


で、今回はこちらのお店にしてみましたー。


503_20130822220320f4e.jpg

川。譜
台湾版食べログipeenでもなかなかの高評価だったんで、期待大です。
どーでもいいけど、川。譜の「。」は、なんなんだ?
モーニング娘。みたいな?
藤岡弘、みたいな?



502_20130822220317e48.jpg

店内は暗めでバーのようです。


まずは、なにはともあれ、ビールで最後の晩餐に乾杯ですよ!
メニューに「生啤酒」と書いてあるから、喜んで2杯頼んだら、瓶ビールが2本来たこと多数の台湾の飲酒事情。


こういうの来ちゃうパターンね。


オレはサーバーから注がれる生ビールが飲みたいんだよぅ!!


500_20130822220315523.jpg

生啤酒 180元

しかしココでは念願が叶いました。
キンッッキンに冷えてて、クリーミーな泡のモノホンの生ビール。



店内の看板に「比利時啤酒(ビール)」と書いてあって「??比利時??」

ちょうど、ハーゲンダッツのMRTの車内広告でも「比利時巧克力(巧克力はチョコレート)」ってのを見かけてたので「比利時ってナニよ!!??」ってグーグル先生に聞いたら

「比利時=ベルギー」

でした。


な・る・ほ・ど !

以来、ワタシと連れの間ではベルギーのことを「ひりどき(比利時)」と勝手に言っている。


外国のビールにてんで疎いmojaoさんですが、STELLAビールはベルギービールだったんですねー。
変に甘かったりせず、スッキリ辛口でしっかり味の美味しいビールでしたよ。
薄い台湾ビールにちょっと飽き気味だったせいもあるかもしれません。


胃も刺激されて、食欲増進!
一気にテンションが上がるぜい!

メニューは全部写真付きなので選びやすいデス。


507_20130822220322ff6.jpg

蒜泥翠玉白肉捲 280元

茹でた豚バラ肉の薄切りで胡瓜の千切りを巻き巻き。
ニンニクソースと花椒油と辣油を混ぜたようなオイルがかかっています。

とうがらしマーク1個でしたけど、頭皮の毛穴が、ボハッっと開くのがわかる。
けっこう辛かったけど、食べられなくはない辛さ。
花椒の爽やかな辛味でビールが進むぅぅぅ。
だけど、お肉に軟骨がくっついてるので、ちょいちょい口に異物が残る・・。





と、楽しく食事をしていたら、なんとも異臭が・・・。


えぇっと。。ゴハン時には絶対嗅ぎたくない、あの、ゲ○みたいな臭い?


なんでなんで???

と思ってたら、隣りのテーブルが臭豆腐の鍋を食ってたんすよ!!

ありゃね、破壊力抜群のテロだよ。。



気を取り直して。


511_201308222203241f3.jpg

梁平香麻豆腐 260元

川。譜の麻婆豆腐は、ちょっと甘味が強めでコクのあるタイプ、とでも言うのかしら?
刺々しい攻撃的な唐辛子の辛さや花椒の痺れるような辛さは控えめなので、辛いのが苦手な方でも食べられると思います。
ふるふるで滑らかなお豆腐なのに、しっかり味が絡んで、うまい、うまいですよ!これ。
白ゴハンに合いそう。
ビール飲んでたから頼みませんでしたけど。



514.jpg

川譜蒼蠅頭 260元

これも、とうがらしマーク1個だったけど、ほとんど辛くないです。
ここのは挽肉も豆豉もちょっぴりで「ほぼニラ」なのに、なんだか、うまいんだなぁ。
むぎゅって感じの歯ごたえのある日本のとはちょっと違うニラ。
ハエ頭(と、この料理を勝手に読んでいる)が大好きな連れは「ココのが過去食べた中で一番うまい」っと言ってました。

いつも代わり映えのしない、保守的な選択ですみませんねぇ・・。
でもね、違うお店でも、同じメニューを食べるとそのお店の味付けなどの個性がわかっていいんですよ!(と、言い訳してみる)

川。譜は全体的に甘味をうまく生かしてる料理を作っている印象でした。


にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ

あと、酒飲みにとっては、生ビールが飲めるお店ってのは台湾では貴重です。



川。譜
住所:台北市大安區仁愛路四段345巷4弄21號
TEL:02-2731-9991
ranking08-002.gif
http://www.chuan-pu.com/front/bin/home.phtml

大きな地図で見る

こちらからネット予約できますよ。(日本語対応)⇒
ワタシもこちらから予約しました。





さてさて、2013年8月の台湾旅行記、完了です。
翌日の朝の便で、台北を経ちました。


ホテルをチェックアウトするべく荷造りしていたら、連れが「カメラケース忘れた!」と。

前半に宿泊したTango Hotelの部屋にカメラケース替りに使用しているヘッドポーターのポーチを置いてきた気がすると。

ま、幸いにもTangoHotelは大倉から歩いて3分の位置にあるので、(連れの忘れモノなのに一緒に)TangoHotelに向かい、(ワタシが日本語のわかる)フロントの人に説明して、見つかったら送ってもらうことに。

その後、見つかったとの連絡をいただきまして、発送方法やらのメールのやり取りも迅速で、保険付きの国際郵便で送っていただき無事に受け取りました。

Tango Hotel Taipei Nanshiのスタッフゥ~の皆さん、ありがとうございました。
ワタシはこれからもTangoラヴ(ハート)

関連記事
スポンサーサイト

 四川料理

- 0 Comments

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。