Welcome to my blog

おかわり!台湾

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 11回目の台湾旅行記 客家料理&草苺豆花

先日、連れの誕生日がありまして、お祝いに表参道のうかい亭に行ってきました。

年に1回あるか無いかの贅沢日ですよー。
さすが、お肉美味しかった~。あんな霜降りなお肉初めて食べましたよ。
ステーキって冷めると硬くなったり、脂が酸化してきて味が落ちるものだと思ってましたけど、うかい亭で食べたお肉は、ケチってちびちび食べてもずーっと美味しい。
霜降りなのに、脂っこくないから、延々に食べていられそう。不思議だー。

そして、鉄板で焼いてる時に煙が全然たたないのよ。
焼肉みたいにジュージューモクモクならないの。これまた不思議。


それでね、オマール海老のヴァプールっていうメニューで(ヴァプールは蒸し料理の意味でワタシが食べたのは蒸し焼き)フルーツトマトが一緒にソテーしてあったんですが、そのトマトが、うんままままま!!!

高知などでもフルーツトマトは食べたことがあって「普通のトマトよりちょっと味が濃いかしら?」程度の感想だったんですが、うかい亭のは「こりゃ、完全にフルーツだわ!」っちゅー濃厚な甘さ。
アメーラトマトという静岡と長野で作られているトマトだそうで。

早速帰宅途中にiPodで調べて、値段にびっくら。
小ぶりのトマトのくせして一個300円くらい。。ぎゃひーー!

トマトって夏野菜のイメージがあるけど、美味しいのは今なんだってさ。
お店で見つけたら買ってみたいなー、アメーラ。高いけど。

アメーラトマトの名前の所以は静岡弁で、語尾に「○○ら~」とつけるところから来ていて「あめぇら~(甘いな~)」という意味だそう。
トマトについてちょっと尋ねたら、サラっと説明してくれたうかい亭のスタッフの方の意識の高さにも感服でございます。





余談長くなりましたが、7月の旅行記、やっとこさ最終回です。

旅行最後のゴハンは客家料理にしました。
白飯に合う、濃い目の味付けが客家料理という印象。
なーんか、ワタシ客家料理好きなんですよねぇ。
恐らく初めて客家料理を食べた御徒町にある新竹が激ウマだったゆえに客家料理自体に好印象があるんだと思いますが。



828.jpg

川唐


南京東路駅から徒歩で15分くらいですかね。
小籠包の有名店、京鼎小館と同じ通りにあります。



832.jpg

ワタシが大好きな台湾花布は客家花布とも言われています。

こじんまりとした店内では日曜だったこの日、家族でお昼ご飯を食べてる方たちばかりでした。
台湾の方は休日にこんな風に家族でお昼ご飯を食べに出掛けるんですなぁ・・。仲良しだね。



数あるメニューの中から頂いたものはコチラ

845.jpg

蒜苗客家臘肉(左)小220元 と 鹹酥渓蝦(右)180元

自家製らしい干し肉とネギを炒めた蒜苗客家臘肉は、ちょっと肉の臭みが鼻に抜ける感じがアリ。
小エビうまい!
ニンニクと塩味のサクサクをふりかけみたいにして白飯にのっけて食べる。



847.jpg

招牌豆腐 小180元


しょうゆ味のお出汁で煮込まれたジョワジョワ豆腐。

しょっぱくて脂っこいと言われる客家料理ですが、こちらで食べた感じではそんな印象は無いかも。
ワタシが食べたモノがたまたまなのかもしれませんが、けっこうアッサリしてましたよ。



にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ



お粥横丁で食べ過ぎて、3品頼むのがいっぱいいっぱい。
このお店の名物、他のお客さんみんな頼んでた美濃客家炒板條は食べられなかったのが残念でならないわ。

台北ナビの記事にもありますが、ホールにいた奥様がとーーっても感じがいいの。
日本語は通じませんけど、常にニコニコ笑顔でカワイイ女性だな~っと。


川唐客家料理
住所:台北市松山區敦化北路155巷111號1樓
電話:02-2719-6809

(2015/5/1追記 どうやら閉店してしまった模様?)
ranking08-003.gif

大きな地図で見る




満腹とかいいつつ、食後は誠品書店へ行ってからデザートへ。


861.jpg

この時期ちょうど総統選挙直前のため、馬さんの支持者がデモ行進やってました。
お祭りみたいな騒ぎでデモの行列が延々続いてる。





862.jpg

騒豆花の2号店、ベトナム料理の越娘とのコラボ店。




871.jpg

夏にマンゴー豆花しか食べたこと無かったので、初の草苺豆花 80元

ここの豆花は見た目がなんだかオサレでかわいくてフォトジェニックだわ。
味ももちろん◎
甘いイチゴと練乳、プチプチのタピオカ、ふるふるの豆花のシンフォニー、ヒュ~♪

騒豆花の1号店はすごく小さいお店なので、こちらの方がゆったり過ごせるかな。



869.jpg


越娘&騒豆花
住所:台北市大安區敦化南路一段236巷36號
電話:02-2711-2705

ranking08-002.gif

大きな地図で見る


これで11回目の旅行記は終了です。
読んで下さった方、ありがとうございましたー。





関連記事
スポンサーサイト

 客家料理 豆花

- 2 Comments

台湾好きのおっくん  

ゴクリ…。

川唐って素敵なお店ですねー。

客家料理って初めてみました。
素朴な料理なんですね。

のんびり、ゆったりできそうで
いいですねー。(*^^*)

ぜひ行ってみたいです~

2012/06/08 (Fri) 18:29 | EDIT | REPLY |   

mojao  

台湾好きのおっくんさまへ

こんばんわー。

客家料理未体験でしたら、是非一度~。
白飯にもお酒にも合う料理だと思いますので、ランチでも夜でもOKですしね。

川唐は、お店の雰囲気も素敵でしたよー。
若いご夫婦がやられてるようですが、アットホームな感じで居心地よかったです。

2012/06/13 (Wed) 21:24 | EDIT | REPLY |   

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。