Welcome to my blog

おかわり!台湾

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 Seoul旅行 東大門編

ホテルにチェックインしたのも既に夜中だったのですが、眠らない街、ソウル。
夕飯を食べに行きます!
美味しいものを食べたら、気分も変わるんじゃないかと。

国都ホテルから東大門はわりと近いです。
模範タクシーの初乗りで着きました。


ウネンナムチッというサムギョプサルのお店へ。
サムギョプサル(豚の三枚肉)は是非食べたかったもの。
ここのお店は冷凍肉を使わないので肉の旨味が違うらしい、とのことで私が行ってみたいお店でした。



025_20090213235424.jpg

ハングル全く読めまへんが、日本語メニューがあるので大丈夫。




028_20090213235623.jpg

韓国のお酒で私の好きな百歳酒(右の瓶。左はお水)
米の酒に漢方と朝鮮人参が入っているので、全然悪酔いしない。
クセもそんなになくて度数は13%なのでちょっとほろ苦い白ワインみたいな感じ。






033.jpg

量が多いとのクチコミを事前に読んでいたので3人ですが二人前を注文。
韓国では当たり前なんだが、肉以外の野菜やキムチ、ナムルはサービス。
さらに味噌チゲスープもきた。
これがまた、うんまい!!!!





039.jpg

焼けたらお店のオバチャンが小さくチョキチョキしてくれます。
野菜で巻いて味噌つけてニンニクスライスや葱をのせて頂きます。

余分な脂が落ちてるので深夜だっつーのにいくらでもパクパク食べられる。
こんな時間に焼肉食べてるなんて、わてらギョーカイジンか?

ごま油にお塩が入ってるタレもあって、これがまた美味しい。
豚肉をごま塩タレで食べたのなんて初めて。




これで全部でW25000しなかったと思います。なんせお肉と酒代以外はかかってないからねぇ。
一人¥500!!
ワンコイン??
東京じゃランチもできん!!
Ah ソウルって素敵☆







満腹になったのでお買い物へ。
東大門は夜から開店するショッピングセンターや問屋市場がひしめき合っています。



042_20090213234628.jpg

寒々しい(コラ!)イルミネーションが綺麗でした。




光煕市場 へ革のジャケットを買いに行きました。
ビルの2Fがひたすら革のお店です。
革製品のお店がいっぱいある梨泰院の半分以下の値段で買えちゃいます。

私は光煕市場で一番有名な トンミョンサ ではなく、その隣りのお店でシープスキンの黒いシングルライダースジャケットを購入。
同じデザインで、もっと安いお店もあったんですけどね、革の質が全然違いました。
安いのは合皮に見えるし、裏地なども違う。
お店のオネイサンも親切で海苔のおまけとウーロン茶をサービスしてくれました。
ありがとう、オネイサン!!
ここで買った革ジャンはすっかりお気に入りで愛用しております。
軽くてやわらかくて暖かーい!!
ライダースジャケットがずっと欲しかったので、ええ買い物が出来て満足。



045_20090213235632.jpg

これ夜中の3時過ぎとは思えぬ車と人の数。
これぞ、モノホンの不夜城だ。


行きの模範タクシーではワンメーターだったのに、帰りの一般タクシーでボラれた・・。
チキショー・・。



ホテルに戻って就寝したのは午前4:30でした。



関連記事
スポンサーサイト

- 2 Comments

はとち  

にくあつー!

mojaoギョーカイジンさま、こんにちは!w
夜中の3時とは思えない車の量にびっくり~ すごいですねぇ。
豚肉の厚みにおんどろいてしまいました。
余計な脂もそぎ落とされて、美味しそうに焼けてますね!!
しかもこの美味しさ、この量で500円ですかい?!?!?
もともと安いのか、それとも円高バンザイ?!なのか?
うらやますぃーd( ̄◇ ̄)b

韓国語って、台湾と違って何が書いてあるか全くわかりませんよね。
自分が行った時、なかなか飛び込みチャレンジができなかったのを思い出しました。 

2009/06/04 (Thu) 01:13 | EDIT | REPLY |   

mojao  

はとちさまへ

どーもー!さっそくソウルでクーニーをキヤキヤ(肉を焼き焼き)してきましたmojaoです!

仰るとおりお肉を焼く石(鉄板じゃないんです)が斜めになっているので
どんどん無駄な脂が流れ落ちてくれるので、夜中に食べたのに全然胸焼けしませんでした。
韓国のレストランでは、もともと副菜が含まれている上に、円高のおかげでもうウハウハ☆でしたー。


> 韓国語って、台湾と違って何が書いてあるか全くわかりませんよね。
> 自分が行った時、なかなか飛び込みチャレンジができなかったのを思い出しました。 

そうなんですよねぇ。
台湾だと知らない場所、知らないお店、知らない食べ物でも漢字のおかげでなんとなく推測できたりするのですが、ハングルはもう・・暗号?
もう10年も前に初めてソウルに行った時に、観光客のいないビジネス街みたいな場所にいたら、全てがハングルで駅の看板や地図にも英語すら無くて、本気でパニっくになったことがあります。。

2009/06/06 (Sat) 11:05 | EDIT | REPLY |   

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。